自由なスタイルの自由葬とキリスト教式葬儀もある

自由葬と呼ばれる無宗教葬儀があります。宗教も宗派も決められたものではなく、僧侶なども呼ばずに簡単にできる葬儀です。この方法でやる人も増えており、自由に自分で葬儀の進行を決めることができるのが良いところです。

お寺と付き合いがなく、形式化された葬儀を考えていない人などが選ぶことが多いです。又、より個性的な故人の意向を配慮して行う人もいます。自由なスタイルが好きな若い世代にも取り入れられている葬儀スタイルでもあります。

この葬儀では、故人が好きだった音楽を流したり、焼香も自由にできます。祭壇を飾るのも自由に飾れて、費用を安くすることができるのも良いところです。

他にも、個人葬があります。喪主などは配偶者か長男などがやることが多い傾向にあります。親族には電話でその訃報を伝えるスタイルとなります。個人葬には仏式葬儀や葬場祭、キリスト教式葬儀の3つがあります。

キリスト教式葬儀もあります。教会の牧師などが進行をして、弔慰金となります。祈祷をしたら、聖歌をみなで合唱し、棺に聖水を注ぐ撒水を行います。撒香と祈祷をして、神父の追悼説教があるのが、このキリスト教式葬儀の特徴でもあります。

また聖歌を合唱し、弔辞と弔電拝読します。代表の遺族が挨拶をして、撒水をします。一般の参列者が献花をし、賛美歌を歌って出棺というスタイルになります。

This entry was posted in 葬儀・葬式. Bookmark the permalink.