葬儀の費用について考えたこと

最近の葬儀の傾向として、葬儀は家族で比較的小規模にすることが増えてきたように思います。葬儀にあまりコストをかけないような傾向があるように感じます。
私も15年ほど前に母親の葬儀を執り行いましたが、その時と最近参列している葬儀を比べるとお金の面で随分変わってきたと感じます。
特に思うのが香典の取り扱いについてです。ここ最近の葬儀ではほぼすべての葬儀で香典を受け取らないという方が一般的になってきたようです。たいていは「故人の遺志」で辞退します、言うことになっていますので、以前に香典をもらっているということでこちらも香典を渡そうとしても「故人の遺志」という言葉を出されると無理に渡しにくいという状況になってしまいます。親類などの場合にはやり取りすることもあるようですが、受付では渡せないようになっていることがほとんどです。
母親の葬儀を執り行った時には一部では香典を受け取らないということもあったようですが、まだそれほど一般的になっているわけではなかったので、葬儀社などと相談した結果で香典を受け取ることにしました。今から考えれば、その時にはやはり香典を受け取らないようにした方が良かったように感じることもあります。

This entry was posted in 葬儀・葬式. Bookmark the permalink.