葬儀の費用に注意

葬儀というのは、突然行われることになることが多いです。お金がどのぐらい必要なのか、ある程度の目安を知っておきましょう。いざという時に、慌てないようにすることが重要です。
葬儀にかかる費用としては、まずは葬儀をするための、場所を借りる時にかかる斎場費があります。これは、葬儀をする時に親族が大きな家に住んでいるのならば、必要のない費用です。しかし、多くの人が葬儀に訪れるような場合や、家が小さい場合には、場所を借りて葬儀をする必要があるのです。それが斎場費のことで、10数万円ぐらいが目安です。
葬儀の時に、大きな祭壇を見かけるかと思いますが、あれにも別途費用がかかります。あの祭壇にかかる費用は、20万を超えることもあるので、よく覚えておきましょう。死んだ人の亡骸を、病院から運搬したり、霊柩車で運んだりすると、それにも費用が必要になってきます。遺体の運搬は、丁重に行う必要があるため、安い金額で行うことは難しいです。10万円近くを運搬費として計算しておきましょう。他にも遺影や位牌などを用意するのにも、費用がかかります。
葬儀費用は、約50万近くは最低でも見積もっておいたほうが良さそうです。しっかり覚えておきましょう。

This entry was posted in 葬儀・葬式. Bookmark the permalink.