小規模な葬儀ならではの良さを感じる家族葬

最近の参列したお葬式では、規模も地域も様々あるかと思いますが、家族葬が多くなってきたと感じています。
昔ほど出来るだけたくさんの人を、友人や会社の同僚先輩後輩、または地域や地元の人たちにまで来てもらうものではなく、本当に親しかった人たちへの案内で、簡単に済ませる方も多いようです。
実際先日参列した、親類の叔母の式でもそのような家族葬でした。
会場はコンパクトで、スタッフも少人数で対応されているようです。
ただ、大きいのが良くて小さいのが悪い、というのではなく小さい会場で小じんまりされていることで、故人と本当に親しかった方々にとっては、最後の場面にしっかりと付き添うことが出来、残された遺族の方々ともゆっくりと落ち着いて話が出来る分、親近感があり良い面も多くあるのだと感じました。
最後のあいさつなども、遺族代表として挨拶される喪主の方にとっては、大人数だとどうしても緊張してしまいますし、気も使います。
ただでさえ不慣れで心身ともに疲れている状態のため、まわりからの配慮も行き届かない部分もあるかと思います。
そういったこともあり、先日参列することで家族葬という小規模な葬儀ならではの良さがあると感じることができました。

This entry was posted in 葬儀・葬式. Bookmark the permalink.